総量規制対象外 カードローン

MENU

総量規制対象外のカードローン人気ランキング

総量規制対象外のローンをご存じでしょうか? 総量規制外のローンは、年収による貸し出し制限がないローンを指します。

 

ここでは、総量規制対象外のローンとその仕組み、人気ランキングについて、説明することにします。

 

【総量規制とは?】

「総量規制」は、2006年に成立しましたが、総量規制などすべての項目が完全施行されたのは、2010年6月のことです。

 

総量規制は、ローンやキャッシングによる「借りすぎと貸しすぎを予防」するために制定された、正しいお金(融資)のルールです。

 

総量規制によって、年収の3分の1を超える融資は受けられないようになりました。こうしたルールによって、多重債務者の増加を抑え、金融機関と債務者は、健全な取引ができるようになったのです。

 

【総量規制対象外のローン】

総量規制の対象となるローンは、クレジットカードのキャッシング分、消費者金融、信販会社のローン利用分が該当します。

 

反対に、総量規制対象外となるのは、銀行の融資全般、消費者金融で扱う「おまとめローン」があります。おまとめローンは、複数の借入を一本化する融資を指します。別名「貸金業法に基づくおまとめローン」という名称でも知られています。

 

【消費者金融で取り扱う、総量規制外のローンとは?】

実は、消費者金融でも「総量規制外のローン」が一部、利用できます。それは、おまとめを目的としたローン(融資)です。

 

おまとめローンとは、複数ある借入をひとつにするローンを指します。クレジットカードのキャッシング分や、他社でのカードローンを一本化できる便利なローンです。

 

こうしたローンは、総量規制の対象外なので、年収の3分の1の借入を超えた方でも「借入の負担を減らす目的」で、新たな融資が受けらます。

 

ただ、(これらのローンは)借換や、おまとめ以外の利用は一切認められません。おまとめの後に新たな借入を増やしては、これまで以上に謝金の負担額は大きくなるでしょう。おまとめローンを利用される方は、完済できるまで、新たな借入を増やさないよう注意しましょう。

 

借金を一本化したり、他社から借換をされる方は、先に返済シミュレーションを立ててから、慎重に利用するようにしてください。

 

【総量規制対象外のカードローン人気ランキング】

一位
オリックス銀行カードローン

 

二位
三井住友銀行カードローン

 

三位
東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

 

どこから借りるか迷った際に参考にしてみると良いでしょう。

 

もっと詳しく確認するには、お金を借りる方法って?│最短で融資を受けるにはこの方法!を参照すると良いでしょう。

繰り上げ返済はお得!

「繰り上げ返済」という返済方法をご存じでしょうか? 繰り上げ返済は、キャッシング取引に欠かせない、便利な返済方法のひとつです。

 

今回は、繰り上げ返済の仕組みについて説明したいと思います。

 

【繰り上げ返済とは?】

繰り上げ返済は、通常決められた金額や回数よりも「多めに返済すること」を指します。金融機関によっては「都度返済」と同じ意味で使うこともあります。

 

【繰り上げ返済の仕組み】

カードローンを利用すると、毎月決められた日に返済を行いますが、繰り上げ返済(都度返済も含めて)では、期日よりも早いタイミングで返済をしたり、予定していた金額よりも多く返済を行います。

 

こうした手続きをすることで、返済の回数は少なくなり、返済総額も比例して少なくなります。

 

【繰り上げ返済のメリット】

繰り上げ返済をすることで、無駄な利息を大幅にカットできます。繰り上げ返済をするパターンとしないパターンでは、返済総額は大きく異なります。

 

キャッシングを無駄なく利用したい方は、繰り上げ返済を行いましょう。ボーナスや財布に余裕のあるタイミングで繰り上げ返済を行えば、どのようなカードローンも無理なく利用できます。

 

また、金利の低い銀行ローンと「繰り上げ返済」をうまく組み合わせば、少ない利息で必要な資金が十分用意できます。

 

【繰り上げ返済の手続き方法について】

繰り上げ返済は、契約時に発行されたキャッシュカードを使い、最寄りの提携ATMから手続きを行います。また、カード会社から指定される(銀行)口座に宛てて、振り込み返済をすることも可能です。

 

【金額について】

カード会員のページから「好きな金額」で繰り上げ返済することができます。都度返済と合わせて、これらのサービスを利用してみてください。

 

振替(口座からの引き落とし)で増額返済されたい方は、オペレーターに増額返済の申請を行うか、カード会社の会員サイトから、増額返済の手続きを行ってください。

まとめ

【カードローンが使える場所】

カードローンは、銀行や銀行系と呼ばれるカード会社(消費者金融)で利用できます。銀行系は、銀行の子会社が扱うローン商品で、銀行レベルの低金利・高額融資を実現する存在です。

 

銀行系の会社には、モビットやプロミス(三井住友銀行系)のほか、アコム(三菱東京UFJ銀行系)、レイク(新生銀行)などの企業がありました。

 

【提携ATM】

提携ATMとは、カード会社が提携するATM機を指します。提携する都市銀行、地方銀行のほか、コンビニエンスストアに設置された銀行ATMでも利用できます。

 

提携ATMを利用すれば、好きな場所でキャッシングが出来、大変便利です。ただ、一部の提携ATMでは「利用手数料」が発生するので注意したいと思います。

 

【総量規制の対象外のローン】

総量規制の対象となるのは、消費者金融、クレジットカードのショッピング枠だけだと分かりました。銀行のローンは、総量規制の対象外となっており、年収の3分の1の制限を受けません。ただ、消費者金融ローンの中でも「おまとめと借換」に関しては、総量規制の対象外となっています。

 

【審査がやさしいのは?】

審査が比較的やさしいのは、銀行系の消費者金融ローンです。ただ、銀行の中にも主婦やフリーターの方に「使いやすい銀行」が存在していました(オリックス銀行カードローンや新生銀行のレイクなど)。

 

【金利が低いのは?】

全体的に金利が低いのは、銀行のローン商品です。特に、オリックス銀行カードローンは、実質年率3.0%と「業界トップクラス」の低金利ローンとして機能しています。

 

【収入証明書不要なローン】

収入証明書不要なローンは、銀行ローン(総量規制外)で利用できます。また、消費者金融でも50万円までの融資は、原則「収入証明書不要」で利用できました(自営者はのぞく)。